• 書籍バナー
  • セミナー情報
  • 保護者向けの説明会開催中
  • ハッピーテラス本部採用採用FACEBOOK
  • ハッピーテラスキッズ
  • 就労以降支援事業者 ハッピーテラスジョブサポート
  • 大人の発達障害専門の就職支援
  • 発達障害のためのビジネスメディア

各教室のブログBLOG

さんだ教室

2018.03.09「わくわくキラキラセミナー☆」のご報告

先週はさんだ教室のあるここ近畿地方でも春一番が吹きました。

春一番からぐっと気温も上がり、花粉等による体調の変化が心配されるところですが、皆さまはいかがでしょうか?

 

今回は、いつも大好評のご家族向け「わくわくキラキラセミナー☆」のお話です。

今回も「怒りのコントロール法~怒りと上手につきあうための原則~」と題してさんだ教室のスーパーバイザー的存在である小山 顕先生にお話しいただきました。

 

「怒り=悪いもの」と感じている方は多いのではないでしょうか?

しかし、怒りのメカニズムを知る事でそれが人のこころにとってどのような役割を果たしているのか、今回のセミナーで知る事が出来ました。

その一端をお伝えしますね。

※お写真は事前のご了承をいただいた方のみ掲載しております。

CIMG6772

セミナー開始直後、一番初めに先生に伝えられた事は「お互いが平等な時間で話せる配慮」「相手の話を聞く、また批判はしない」「この場でのみの話とする」以上の3点を約束としました。参加した人たちが忌憚ない話をする事ができ、また安心のある場へとするためです。

 

その後は本題の「怒り」についてのお話です。まずは感情とはどのような働きがあるか説明を受けました。感情はアラーム(警告の合図)としての役割があります。そのなかで「怒り」とは、「自分の領域を守ろう」とするアラームであるとの事でした。自分が今、何のアラームが鳴っているかをきちんと認識する事が第一歩で、認識する事により練習は必要ですが、意図的にコントロール(対処)が出来るそうです。

 

さて、グループワークとなりました。誰だって自分が怒っている事をうまく口に出せないものです。自分が感じた怒りの感情について、そこを少しずつ上手に他者に伝えて共感、受容をしてもらう事によって、安心のある場へと変化していきます。CIMG6773

言いづらい自分の感情を認識して安心の中で伝えていく事が、他者との良好な関係構築に繋がっていく事を実践を通して学ぶことが出来ました。

小山先生、ありがとうございました。

 

最後に、今回のセミナーを通してご参加くださったご家族の方同士、または指導員との繋がりが強まった事は参加された方々にとって大きな収穫だったのではないでしょうか。

次回のセミナーにも奮ってご参加くださいね!!

 

 

今回はこのへんで~

次回もお楽しみに!!

0120-115-423